ゴルフレーザー計測器の比較と口コミ

ゴルフのレーザー計測器を購入するために、いろいろ比較検討したので、これから購入しようという人のお役に立てれば嬉しいです。

ジョルトファインダーが届きました

昨日注文したジョルトファインダーが早速届きました。

www.xn--ucke6gvdg0hb6246j6n5b.tokyo

これから購入を考えている方に、使用感を伝えたいと思います。

いろいろなレーザー計測計を比べて、このジョルトファインダーを選んだのですが、デザインで言えば、ニコンやブッシュネル、ボイスキャディなど、ほかにもっといい機種がありました。そのなかで、どうしても外せなかった条件1手ぶれ補正つき、2ジョルト機能がついていて、かつ値段が手ごろなもの、その条件を満たすのがジョルトファインダーでした。

ゴルフ場に映える緑を選んでみました。サイドについている液晶のおかげで、測定飛距離がとても見やすく、しばらくの間、表示されているので、うっかり忘れてしまうことも防げます。

専用のカバーがついており、ベルトに装着できるようになっています。ニコンのレーザー測定器の口コミに多かった、カバーの口が開きやすいということがマジックテープのために無いようになっています。うっかり落としてしまい、故障や紛失を防ぐことが出来ます。

右が電源ボタンで、押すとすぐに起動し、15秒間操作しないと自動で切れます。電池はCR2電池で特殊な電池のためネットで購入するか、大きめの家電量販店にて、予備を用意しておいたほうがいいです。ついてきている電池は初期動作確認用らしいですので予備の準備が必要です。

左のボタンでモード切替が出来るようになっています。この画面は飛距離表示モードで、あまり使用頻度は高くないモードと思われます。なぜなら、目標物にターゲットを当てるときに、周りに木などがある場合、ピンサーチ機能モードを使用すると、よりターゲットをとらえやすくなるからです。さらに、ピンサーチ・スロープ機能モードを使うと、高低差20度までは自動で打つべき飛距離を表示してくれます。ただ、20度ってどれくらいでしょうか?説明書のイメージでは打ち下ろし10度でマイナス40ヤードもみているので、実際には十分な角度のようです。

はかりたいターゲットをあわせて、電源ボタン長押しで距離が測れます。ジョルト機能がついているので、ブルっと震えて捕捉完了をおしえてくれます。ピンと調整機能も4ついているので、老眼でも安心です。眼鏡をかけていてもよく見えます。

このレーザー距離計測器で本番のラウンドはもちろんですが、練習場での距離感の合わせ方にも使えそうです。また後日、練習場やゴルフ場で使った感想を書いてみます。

レーザー計測ジョルトファインダーAmazon最安値

緑より青のほうが少し安かったです。Amazonは価格が変動しますので、現在の最安値です。

レーザー計測ジョルトファインダー楽天最安値